您现在的位置:主页 > 媒体 >

円周方向ダブテール型ロータブレード取付けシステムのための閉塞スペーサ組立体

浏览次数: 日期:2017-09-11


スポンサード リンク

スポンサード リンク

  • [供奉]
    【課題】円周方向ダブテールスロット内に挿入するための閉塞スペーサ組平面を供奉する。
    【解決方法】本閉塞スペーサ組平面(50)は、隣り合うロータブレードプラットフォーム間の空間内に嵌合するように構成されたプラットフォーム(54)を有する恒定部材(52)を含む。第1の页脚(64)が、プラットフォームの上面から横方向に延びる。縦方向に延びる溝(62)が、プラットフォーム内に产生される。摺動部材(78)が、溝に沿って恒定部材と可移动的能够に係合しかつ头盔プレート(80)と該头盔プレートに連結された第2の页脚(86)とを含む。摺動部材は、第1及び第2の页脚が第1の距離だけ間隔を置いて使成形されてダブテールスロット(36)内に挿入能够になるような第1の非閉塞所在地と該第1及び第2の页脚が第2の拡大した距離だけ間隔を置いて使成形されてダブテールスロットの対向する壁に対して係合しかつ該ダブテールスロット内で恒定部材を所定の所在地に恒定する第2の閉塞所在地との間で溝に沿って可移动的能够である。

スポンサード リンク

  • 【特許請求の範囲】
    [请论文1 ]
    隣り合うロータブレード(22)のプラットフォーム(28)間において円周方向ダブテールスロット(36)内に挿入するための閉塞スペーサ組平面(50)であって、当該閉塞スペーサ組平面(50)が、
    前記隣り合うロータブレードプラットフォーム間の空間内に嵌合するように構成されたプラットフォーム(54)を有すると共に前記プラットフォームの上面から横方向に延びかつ前記ダブテールスロット内に延びるような構成を有する第1の页脚(64)をさらに備えた恒定部材(52)と、
    前記プラットフォーム内に产生された縦方向に延びる溝(62)と、
    前記溝に沿って前記恒定部材と可移动的能够に係合した摺動部材(78)と
    を含んでいて、前記摺動部材が、头盔プレート(80)と前記头盔プレートに連結されかつ前記第1の页脚と対向して前記ダブテールスロット内に延びるような構成を有する第2の页脚(86)とを含んでおり、前記摺動部材が、前記第1及び第2の页脚が第1の距離だけ間隔を置いて使成形されて前記ダブテールスロット内に挿入能够になるような第1の非閉塞所在地と前記第1及び第2の页脚が第2の拡大した距離だけ間隔を置いて使成形されて該第1及び第2の页脚が前記ダブテールスロットの対向する壁に対して係合しかつ前記恒定部材が該ダブテールスロット内に恒定される第2の閉塞所在地との間で前記溝に沿って可移动的能够である、閉塞スペーサ組平面(50)。
    [请论文2 ]
    前記プラットフォームの头盔外面(56)内に产生された細長い凹部(58)をさらに含んでいて、前記溝(62)が前記凹部内に产生され、前記摺動部材の头盔プレートが、該摺動部材の閉塞所在地において前記凹部内に嵌合して前記プラットフォームの头盔外面とほぼ同一面になる、請求項1記載の閉塞スペーサ組平面(50)。
    [请论文3 ]
    前記摺動部材(78)が、前記头盔プレート(80)及び第2の页脚(86)間に使成形されたネック部(84)をさらに含み、前記ネック部が、前記溝(62)を貫通して延びる、請求項2記載の閉塞スペーサ組平面(50)。
    [请论文4 ]
    前記头盔プレート(80)が、前記摺動部材(78)の第1の非閉塞所在地において前記プラットフォーム(54)の头盔外面(56)の以上に使成形される、請求項3記載の閉塞スペーサ組平面(50)。
    [请论文5 ]
    前記プラットフォーム(54)の上面上に前記溝(62)に沿って产生されたカム外面(70)と、前記摺動部材(78)上に構成されたカムフォロア(92)とをさらに含んでいて、前記カム外面が、前記摺動部材が第一に前記溝に沿って前記第1の非閉塞所在地から中間所在地に向けて可移动的する時に、前記第2の页脚(86)を前記第1の页脚(64)に向けて旋回させながら前記头盔プレート(80)を前記凹部(58)内に傾動させる第1の輪郭セクション(72)を含む、請求項2記載の閉塞スペーサ組平面(50)。
    [请论文6 ]
    前記凹部(58)が、前記プラットフォーム(54)の头盔外面(56)に対して下向き角度で产生されて前記头盔プレート(80)の傾動に適応する、請求項5記載の閉塞スペーサ組平面(50)。
    [请论文7 ]
    前記カム外面(70)が、前記摺動部材(78)が前記中間所在地から前記第2の閉塞所在地に可移动的する時に、前記第2の页脚(86)を前記第1の页脚(64)から離れるように旋回させながら前記头盔プレート(80)を前記凹部(58)内に反対方向に傾動させる第2の輪郭セクション(76)を含む、請求項6記載の閉塞スペーサ組平面(50)。
    [请论文8 ]
    前記カム外面(70)の第2の輪郭セクション(76)との前記カムフォロア(92)の係合が、前記摺動部材(78)に対して閉塞付勢力を与えて該摺動部材を第2の閉塞所在地に維持する、請求項6記載の閉塞スペーサ組平面(50)。
    [请论文9 ]
    ロータ組平面(100)であって、
    円周方向に延びる連続ダブテールスロット(36)を产生した刊登于头版及び後方フープ(34)を備えたロータディスク(20)を有するロータ(12)と、
    その各々がプラットフォーム(28)及び前記プラットフォームから前記ダブテールスロット内に延びるダブテール(30)を備えた複数のロータブレード(22)と、
    前記ロータブレードの少なくとも2つの間に使成形されかつ請求項1甚而請求項8のいずれか1項記載の構成を有する閉塞スペーサ組平面(50)と
    を含むロータ組平面(100)。
  • 【発明の詳細な説明】
    [技术司]
    【0001】
    本発明は、総括的には円周方向挿入式ロータダブテールシステムに関し、より详细的には、そのようなシステムで运用する閉塞スペーサ組平面に関する。
    [树立技术]
    【0002】
    従来型のガスタービンは、そのファン、圧縮機及びタービンセクション内のロータディスクに取付けられた様々なロータブレードを有するロータを含む。各ブレードは、その上を加圧空気が流れる翼形部と、翼形部の根元に所在地しかつ空気流のための半径方向心側国家を产生したプラットフォームとを含む。ブレードは普通的に、取外し能够であり、従ってロータディスクの周辺部内の相補形ダブテールスロットに係合するように構成された適当なダブテールを含む。ダブテールは、ディスク周辺部内に产生された対応する軸方向又は円周方向スロットに係合する軸方向挿入式ダブテール又は円周方向挿入式ダブテールのいずれかとすることができる。类型的なダブテールは、ブレードプラットフォームの后表面から半径方向心向きに延びる最小部件積のネック部を含む。ネック部は、内向きに拡大して一対の対向するダブテールローブになる。
    【0003】
    円周方向挿入式ダブテールでは、単一のダブテールスロットが、刊登于头版及び後方連続円周方向骨干つまり「フープ」間に产生され、かつディスクの全周辺部の周りで円周方向に延びる。このタイプの構成の一例が、米国特許第6033185号に示されている。円周方向スロットは、1つの所在地で局所的に拡大させて、個々のダブテールを第一に該スロット内に挿入し、次にスロット尽量的がブレードの完整列で満たされるまで該ダブテールスロットに沿ってそれらダブテールを円周方向に再使成形するのを能够にするようにすることができる。円周方向ダブテールスロットの部件时装は、刊登于头版及び後方ロータディスクフープによって产生されたローブ凹部を含み、これらのローブ凹部は、ダブテールローブと協働して、タービン運転時における遠心力に抗して個々のブレードを半径方向に雇用する。
    【0004】
    複数のブレード、特にダブテール構成地区は、円周方向スロット内にかつ該円周方向スロットの周りで摺動させて、ロータディスクの外周部の周りに完整なロータブレード段を产生する。ブレードは、その根元端部に所在地しかつスロットの周りで当接係合状態になることができるプラットフォームを含む。その他の実施形態では、隣り合うロータブレードプラットフォーム間において円周方向スロット内にスペーサを取付けることができる。ブレード(及びスペーサ)の全てが取付けられると、スロット内の最終残留空間は普通的に、当技術分野において普通に公知であるように、特別に設計したスペーサ組平面で満たされる。
    【0005】
    様々な従来型のスペーサ組平面は、比較的複雑な複数構成地区の永久性军事基地であり、それら永久性军事基地は、対向使成形した可動部材をディスクフープと係合状態になるように作動させるために回動させるボルト、カム又はその他のトルク機構に依赖している。カム部材、ボルト又はその他の機能部材は次に、恒定される。その他の永久性军事基地は、2つの押圧面を互いに半径方向にボルト止めされる。これらの従来型のシステムは普通的に、組立てるのが困難であり、また例えば永久性军事基地のいずれかの側が隣接するタービン構成地区(つまり、ロータディスク又はブレードプラットフォーム)に対して隙間を生じた場合には、タービンの運転時にバラバラになりがちである。従来型の設計においてしばしば起こるもう1つの問題は、構成地区を互いにぴったりと合わせるのが困難であることである。
    [资深的技术记录]
    [包租贴纸]
    【0006】
    [ 1 ]美国证书特许管理权第七百四十三万五千零五十五名单
    【発明の轮廓】
    【課題を解決するための方法】
    【0007】
    本発明の態様及び利点は、以下の説明においてその细分を記載することにし、或いはそれら説明から明显的なものとして了解することができ、或いは本発明の実施により学ぶことができる。
    【0008】
    1つの態様では、本発明は、隣り合うロータブレードのプラットフォーム間においてロータ円周方向ダブテールスロット内で运用してスロット内の最終空間を満たす独特的の閉塞スペーサ組平面を供奉する。本組平面は、隣り合うロータブレードプラットフォーム間の空間内に嵌合するように構成されたプラットフォームを有する恒定部材を含むことができる。例えば、プラットフォームは、空間を満たしかつロータブレードプラットフォームと同一面になるような幅、長さ及び厚さを有することができる。恒定部材はさらに、プラットフォームの上面から横方向に延びかつダブテールスロット内に延びるような構成を有する第1の页脚を含む。縦方向に延びる溝が、プラットフォーム内に产生される。摺動部材が、恒定部材と可移动的能够に係合して溝に沿って摺動する。摺動部材は、头盔プレートと、例えば头盔プレートの上面から横方向に延びるように該头盔プレートに連結された第2の页脚とを含む。第2の页脚はまた、第1の页脚と対向してダブテールスロット内に延びるような構成を有する。摺動部材は、第1及び第2の页脚が第1の距離だけ間隔を置いて使成形されて、隣り合うロータブレードプラットフォーム間の空間において以上からダブテールスロット内に挿入能够になるような第1の非閉塞所在地に溝に沿って可移动的能够である。摺動部材は、第1及び第2の页脚が第2の拡大した(第1の距離と比べて)距離だけ間隔を置いて使成形されて該第1及び第2の页脚がダブテールスロットの対向する壁に対して係合する第2の閉塞所在地に可移动的能够である。摺動部材の閉塞所在地において、恒定部材は、ダブテールスロット内に取外し不克不及に恒定される。
    【0009】
    別の態様では、本発明はまた、ロータディスクを備えたロータを有するロータ組平面を表现する。ディスクの刊登于头版及び後方フープ構成地区は、円周方向に延びる連続ダブテールスロットを产生する。複数のロータブレードが、ダブテールスロットの周りに取付けられ、各ロータブレードは、プラットフォーム及び該プラットフォームからダブテールスロット内に延びるダブテールを有する状態になる。閉塞スペーサ組平面が、ロータブレードの少なくとも2つの間に取付けられる。閉塞スペーサ組平面は、是你这么说的嘛!しかつ本明細書でより詳細に説明したように構成することができる。
    【0010】
    本発明のこれらの及びその他の実施形態並びに特徴部を以下の説明において一層詳細に説明する。
    【0011】
    添付図面に関連して行なった以下の詳細な説明において、好ましくかつ例示的な実施形態により、本発明をその更なる態様及び利点と共に一層详细的に説明する。
  • 【公開选派】特開2011−33030(P2011−33030A)
    [翻开]日本平成23年2月17日(2011.2.17)
    【発明の规定】円周方向ダブテール型ロータブレード取付けシステムのための閉塞スペーサ組平面
  • [一]特殊称呼委任期待2010 - 170036(P2010—170036)
    [日] 22年7月29日(平成2010.7.29)
    [期待]
    【識別选

所属类别: 媒体

该资讯的关键词为: